医学部のための予備校の特徴について知ろう!

授業を行う講師の質は大学受験にとってとても大切

専門の予備校に通うという方法が医学部合格への近道 : 授業を行う講師の質は大学受験にとってとても大切 : 医学の学部専門の予備校の特徴とは

そうした授業を行う講師の質は大学受験にとってとても大切です。
この学部を受験する上で、押さえておくべきポイントはどこで、どの大学がこの生徒に会っているのかということやこの生徒はこの分野を苦手としているため、この分野についてはもう少し知識を増やして演習で段階的に取り組みを行った方がいいといった点など、現在のその生徒に合った方法を提案していくといったことも講師の重要な役割になります。
そうした講師陣がこの学部の受験ノウハウをもち、効果的な指導が受けられるという点など医学部専門スクールの特徴といえます。
また、この学部を受験する場合、多くの教科を学習していくことが必要です。
また、各教科での定着率も問われます。
そのため、しっかりとした授業時間を確保し、しっかり定着させていくことにも特に力が入れられているという点も特徴として挙げられます。
医学の学科受験を目指すためのスクールでは、個別指導や少人数授業で圧倒的な授業時間確保が行われているところが多いのです。
年間総授業時間が1500時間を超えるスクールは多く、授業を受けて終わりというわけでなく、授業で学習したことを定着させる工夫なども行われています。
そのことで分かるから解けるようにして、学力定着度を高めています。
そして、学力を定着させるために自習にも力を入れており、個別の自習スペースなどが設けられているというところなどもスクールには多くあります。

どの予備校も「女性は数学が苦手」と分析しているような記事ですが、女性は数学が苦手というのは完全に思い込みで誤っています。

こういった思い込みを親や周囲がもつことで、女性が算数、数学に対する興味を失う傾向があるという研究結果もあるくらいです。
https://t.co/bZG5JrnILH

— 医学部予備校ACE Academy (@aceacademy9) 2018年12月11日

医学部予備校 : 医学部受験専門 - 渋谷 医学部予備校ポッシブル